WPとブログの違い

WPとブログの違い

普段Webデザインをしておりますと
『WPとブログの違いってなんですか?』と
聞かれることが多いので、
本日はその違いについてまとめてみますね。

そもそもWPとは

ブログをやられていたり、情報発信をしている方は一度は耳にしたことがある『WP(WordPress)』

Googleなどで検索すると

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMSプラットフォームです。セマンティックWeb、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

などと専門用語ばかりでwebデザイナーやSEでないとチンプンカンプンですよね。

なので今日はそれを砕いて全員がわかるように説明していこうと思います。

大きな違い

WPは、自分でサーバーを借りて、独自ドメイン(http://の先のURL)を取得したり、そこから自分でWebサイトを作り上げるので手間とコストがかかります。
それに対して、アメブロやnoteなどのブログは登録するだけですぐに始められるので、初心者には非常に簡単にやりやすいものです。

で、どっちがいいのか?

結論、、、

あなたの発信先やあなたのスキルによって違います。

WP(wordpress)

メリット

・独自メインやサーバーを使うことでSEOからのアクセスが増える。
・相手が法人などに強い
・無料ブログに比べて、長期的に安定して運営できる
・サイトを自分の思い通りに作ることができる
・ブランディングができる

デメリット

・年間で1,000〜3,000円程度のコストがかかる
・多少のWeb制作の知識と技術が必要
・アップデートなどがこまめに必要

無料ブログ
(アメブロ、noteなど)

メリット

・初心者でも簡単にすぐに始められる
・同じブログを利用している人からのアクセスが多く、始めてすぐでもアクセスが見込める
・システムの面倒なアップデートなどがなくただブログを書くだけに専念できる

デメリット

・外部からのアクセスはあまり期待できない
・ブランディングがあまりできない
・物にとっては広告が表示される事もある
・クリエイターにとっては窮屈に感じる事もある

こんな感じでザッと書いてみましたが、もし詳細を聞いてみたいとかご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. おすすめのテンプレート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA